移動するときにメガネを梱包する方法

ゼロクリエイティブ/ゲッティイメージズ

キッチンアイテムを移動する準備をするとき、メガネやカップなどの壊れやすいアイテムを梱包するときは、特に注意する必要があります。 ガラス製品を梱包するときに、それぞれが新しい家に確実に到着するようにするための簡単な手順がいくつかあります。

必要な工具と備品

メガネやその他のガラス製品の場合は、重くて扱いにくい場合がある大きな箱ではなく、中型の箱を使用してください。 梱包紙、新聞用紙、タオル、またはその他の柔らかい素材も必要です。 バブルラップを使用できますが、リサイクルするのが難しく、購入するのに費用がかかることを忘れないでください。 無料のその他の素材も同様に機能します。

古い新聞を使用する場合は、新しい家に着いたらメガネを洗って黒字を消す必​​要があることに注意してください。

ペーパータオルまたは皿タオルが必要です。これは、各グラスまたはグラスセットに簡単に巻き付けることができるものです。 必要なその他の梱包材には、梱包テープと箱にラベルを付けるためのマーカーが含まれます。

説明書

箱を準備する

紙を使用している場合、包装紙であろうと新聞用紙であろうと、箱の底を覆うのに十分な数枚のシートをくしゃくしゃにします。 紙をしわにすると、グラスが底に当たらないように十分なクッション性が得られ、誤って箱を落とした場合にグラスが保護されます。

タオルやシーツを使用している場合は、内容物を隆起から保護するために、底に十分な厚さの層があることを確認してください。

各グラスを包む

常に、最も大きくて重いメガネを最初にラップして梱包してください。 これらを箱の底に置き、上部に軽い眼鏡をかけます。

平らできれいな表面を使用して、紙またはタオルの束をテーブルまたはカウンターの上に置きます。 1枚のグラスまたはマグカップを用意し、紙またはタオルの束のある角に斜めに置きます。

ガラスまたはマグカップを転がし始め、転がるときに紙またはタオルの端をガラスの開口部に詰め、ガラスが完全に覆われるまでラップします。

2つのメガネをラップ

大きな用紙をお持ちの場合は、2枚のメガネを1枚に包むことで梱包材を節約できます。 これは、メガネが同じサイズの場合に最適です。 上記の指示に従ってください。用紙の半分を使用し、最初のガラスを完全に包んで保護したら、その隣に2枚目のガラスを追加し、包装を続け、紙の端を2枚目のガラスの開口部に詰めます。

ボックス・イット・アップ

1つまたは複数のガラスが包まれたので、ガラスの底の端を折り曲げて、すてきなタイトなパッケージを作成します。 この時点でカップの端を感じることはできません。 可能な場合は、ガラスに取っ手があるか大きな唇があるかに応じて、別の紙の層をラップする必要があります。

しわくちゃの紙または積み重ねたタオルの上にある箱にグラスまたはグラスを入れます。

ラップを続ける

メガネを1つまたは2つのパッケージに包み、それらを重ねて置きます。 重いことを確認してください。 大きい方のグラスが下に、軽い方のグラスが上にあります。

上部に部屋を残す

箱をいっぱいに詰め込まず、余分な梱包材のために部屋を一番上に残してください。 箱の下部に追加したしわくちゃの紙の量が、上部に追加した量と同じであることを確認してください。 または、タオルまたは他の素材を使用している場合は、上に厚い層を追加するのに十分なスペースを残してください。

パッケージを確認してください

箱を密閉する前に、箱を前後に静かに振ってください。 ガラスのカチッという音や中身の大幅な変化は聞こえないはずです。 梱包に満足したら、梱包テープで箱を密閉してラベルを付け、中身と部屋をメモします。移動者が慎重に移動する必要があることを知らせるために、常に箱を「壊れやすい」とマークします。それ。

ステム付きメガネ

ワイングラスなどの壊れやすいステムを持つグラスの場合、上記の手順に従うことができますが、グラスを包み始める前に、必ずステムを最初に包んでください。 半分のシートを使用して茎を包み、それを紙の束の上に置き、巻き始めます。 これにより、ガラスの最も壊れやすい部分が確実に保護されます。 また、ステム付きグラスを2枚ではなく1枚だけラップする必要があります。これらのグラスは常に最後に箱に詰めて、箱の上部に余分なクッション用のスペースを十分に残してください。

その他の梱包のヒント

ワイン店や専門の酒屋に、ガラス製品をさらに保護するための分割ボックスを提供できるかどうか尋ねてください。

グラスのスタックを個々の箱に詰めるか、他の壊れやすいアイテムと一緒に別の箱に入れます。 メガネが他のアイテムの上に最後に置かれていることを確認してください。

箱を詰めすぎないでください。 ただし、メガネが移動できるスペースがないことを確認してください。 余分なスペースは、丸めた新聞紙またはプチプチでいっぱいにする必要があります。